京セラの企業努力|太陽光発電でエコ生活始めよう【設置に関する疑問を解決】

太陽光発電のパイオニアである京セラの製品はどんな特徴がある?

京セラの企業努力

作業員

住宅用ならここを選ぶ

太陽光発電にいち早く注目し、日本では多くの企業が開発を進めてきました。今では最も太陽光発電を取り入れているのはドイツだといわれているのですが、日本のソーラーパネル開発は世界で勝負できる製品ばかりです。
特に京セラでいうと、住宅用のソーラーパネル、太陽光発電を開発するのに長けています。開発開始は1975年なのですが、住宅用のシステムはいち早く1993年から販売を開始しています。長期使用が可能という点が特徴となっているため、長く使い続けられるコストパフォーマンスが良いパネルを設置したいという人には打ってつけです。

長期使用は証明済み

実際、本当に京セラのソーラーパネルはずっと稼働させられるのか疑問に思う人もいるでしょう。1984年に稼働させた京セラのソーラーパネルが今も実際に電気を出力し続けているという報告もありますので、実力は折り紙付きだといえます。
上記のソーラー光パネルは企業用ではありますが、住宅用においても長期使用実績があります。出力保証は20年ついていますので、その間になにかあったら相談しましょう。

家の景観も壊さない

「ソーラーパネルを設置して、エコエネルギーを使いたいけれど、屋根にパネルを設置するのはなんだか不格好・・・」
そう感じる人のために、住宅用の太陽光発電システムはデザイン性も重視して作られています。
京セラのパネルには、傾斜があり、形状が複雑な屋根にも簡単に設置できるパネルが多く開発されています。新築の際に設置するならヘイバーンが適しているといえるでしょう。もちろん、発電容量が大きなタイプも用意されています。エコノルーツアドバンスは大きな発電量が期待できるパネルの一つです。

広告募集中